ベンチャー設立の動機

フルーツリキュールフリークスは、趣味でリキュール(梅酒などの果実酒)を作っていた2人が立ち上げた酒造ベンチャーです。
2人とも、元々は機械系のエンジニアで、酒造業のノウハウはまったくのゼロからのスタートでした。
そんな、僕たちがなんでベンチャーを立ち上げたのか。

それは、家で自家用に作っていた果実酒を飲んで「この酒、めっちゃ美味しいやん、売れるんちゃうか?」と思ったという、とても単純なものでした。

なんで美味しい酒が素人に作れるのか 「素人の趣味だから」

outline1

美味しい酒の基準は、人それぞれですが、酒造メーカーのプロが作って売っている果実酒より、素人の僕たちが作った果実酒の方が美味しいなと思ってました。
理由は簡単です。プロと違って、素人の果実酒は採算について考えていないからです。
果実酒はシンプルなお酒で、例えば梅酒ならば、スピリッツの中に、梅の実と砂糖を入れて、漬け込んでおくだけで出来ます。
しかしながら、大量生産による製造工程のオートメーション化や、全国的な物流輸送、他社に比べて価格競争力のある商品、といったことを考えていくと、自然と、梅の実と砂糖は、液体の梅ジュースと液糖に置きかわります。熟成の時間も短くなるでしょう。
手軽に、安全に、沢山の人に届けるには、コストにシビアにならなければいけません。
しかし、僕たちの最初のターゲットは僕たちでした。コストのことは考えていません。
材料は、贅沢にいっぱい使います。熟成するまでいくらでも待ちます。
そんな僕たちには、

  • 「梅酒やスモモ酒などを品種・地域ごとに作る」
  • 「美味しいけど全国的な知名度の低い果物(ウワゴールドとか)で作る」
  • 「原価の高いイチゴやメロン、国産マンゴーをいっぱい使って贅沢に作る」
  • 「それらを3年以上の長期熟成したものを作る」

やりたいこと、飲みたい酒がたくさんありました。
今、市場にあるものでは、物足りなかったのです。

大手メーカーには出来ない企画

outline2

手軽でもなく、限定品ばかりで、ちょっと他では見ない材料で、おいしい酒。

そんな方向性を持つ酒造メーカーがあったっていい。僕らが欲しい。営業はネット中心。
青果市場で直接買って、スピリッツもメーカーから直接仕入れる。そうして中間コストを削った分、果実をたっぷり贅沢につかう。
家庭で自分で作るより安く場所もとらず、大手メーカーが満たせないニーズをカバーする。
そんな感じの、酒造ベンチャーです。